メニュー

印影鑑定 R&I 印鑑鑑定 遺言書、
偽造文書、サインの筆跡鑑定

営業時間中のみ受付となります

無料相談
お問合せ

問合せ

電話

印影鑑定の事例ファイル

Case5.
相談者:47歳 女性

相談者の母親のもとに契約した覚えのない工事代金の契約書を元に未払い料金の請求を申し立てをされた。
母親は知らないとの事だったので、工事業者にその旨を伝えると、実際に工事を行った写真もあるし、契約書も貰っていると主張している。

そこで、実際に写真と契約書のコピーを送ってもらうと、床下の部分に金具で補強した写真であり、契約書の署名はワープロで作成されて、印鑑も押印されている。
その事について、母親に尋ねると、母親は全く身に覚えがないとの事である。

母親は高齢で、現在は独り暮らしをしているが、以前、リフォーム会社を名乗る人物から耐震工事の無料診断と称して、自宅家屋の床下を見てもらった事があり、その時に床下が腐りかけているから、手直ししておきましたと工事業者は言っていたという。

母親は、当然サービスでしてもらったと思っていた。
そして、母親は無料診断の申込書には署名押印した記憶はあるものの、耐震工事の契約書には押捺していないし、実際に耐震工事もしてもらっていないという認識でいる。

しかし、最近の母親は認知症の疑いがあることから、本当は工事をしてもらった事を忘れているのではと疑ってしまい、真偽のほどは正直判断できない状況である。
耐震工事業者は期日までに支払わなければ法的手段に訴えるという内容証明書を送ってきている為、早急に契約書に押捺された印影から偽造されたものであるかどうかを診断してほしいとの事である。


結果
今回は、契約書に押捺された印鑑が本物かどうかを判定するため、印影鑑定を実施する事となった。

そして、工事請負契約書に押捺されている印影を鑑定資料とし、耐震工事無料診断申込書の印影と、相談者の母親の印鑑を対象資料とし、全て照合鑑定した結果、工事請負契約書に押捺されている印影は、対象資料と比較すると、大変よく似ているが文字線の太さや、文字のレイアウトに相違が見られることなどから、工事請負契約書に押捺されている印影は、偽造されたものであることが判明した。

おそらく、業者が無料診断の申込書に押印されたものをコピーして偽造印を作ったものとおもわれ、また床下の写真を一級建築士に見せたところ、全く耐震補強にはなっておらず、ただ金物を柱部分に貼り付けただけとの事である。

既に相手から訴訟を起こされてしまったが、弁護士の協力の下この印影鑑定結果と一級建築士の意見書を証拠として無事請求を退けることができた。

>>>事例ファイル一覧に戻る


筆跡鑑定、印影、印鑑鑑定 遺言書、偽造文書の鑑定、裁判証拠






筆跡鑑定、印影、印鑑鑑定 遺言書、偽造文書の鑑定、裁判証拠




事態は一刻を争う可能性も!今すぐ行動、ご相談を!

時間が経過するほど、証拠は失われます。

 0120-477-885
 info@randi-supply.com
 
本社:〒141-0022
 東京都品川区東五反田1-10-7
        AIOS五反田ビル

東京都港区高輪1-4-26高輪東誠ビル(旧本社)


当社の筆跡鑑定、印影、印鑑鑑定、遺言書、偽造文書、サインの鑑定は、
トップレベルの実績との評価
を頂いております。

ご依頼の際には、明瞭な費用の設定、安心料金にて精度の高いサービス提供を約束いたします。

当社へのアクセス

〒141-0022
東京都品川区東五反田1-10-7
AIOS五反田ビル
JR五反田駅 徒歩3分
都営地下鉄浅草線 五反田駅 徒歩2分
0120-477-885

インフォメーション


コンタクト


筆跡鑑定、印鑑、印影鑑定 遺言書、偽造文書の鑑定など
ご相談は R&Iネットワーク

【東京本部】 東京都品川区
TEL:0120-477-885

【神奈川-横浜】
TEL:0120-923-180

【関西-大阪】
TEL:0120-923-158

【千葉】
TEL:0120-923-288

東京を拠点として、筆跡鑑定、印影、印鑑鑑定 遺言書、偽造文書の鑑定などの業務を行うR&I
ご相談は無料です! ご連絡お待ちしております。

お取り扱いサービス


0120-477-885

筆跡鑑定、印鑑・印影鑑定お問合せメール
E-mail:info@randi-supply.com


東京都公安委員会 第30150018号
一般社団法人日本調査業協会 加盟員
一般社団法人東京都調査業協会 会員 第1503号
社団法人日本探偵興信所協会会員
東京商工会議所会員 C2362538